童貞募集

童貞募集して出会った男、名前は大輔。童貞の人とやれるの楽しみにしていたのに童貞なんて嘘でした。むしろ、童貞募集に投稿しているんだから最後まで演じろよと思ってしまいます。私は童貞好きでした。ピュアな感じ、そして初めてHするときの恥ずかしさがとても可愛かった。しかし、大輔はその仕草がなかったからがっかりでした。さらに「やべぇ、今までやった人の中で一番気持ちいいかも。またやろう。それともカップルとして付き合う。」童貞じゃない事を自ら言ってるし、絶対無理と思い断りました。
ところが、大輔とはまた違うところで会うことになりました。それは私の友達あゆが彼氏が欲しくてマッチングアプリを利用していました。そして、その様子を私に見せてくれた時に大輔を発見しました。あゆとは何でも話せる関係だったので前回の話をしてみると「やばい、そんな面白い男会ってみたい。」と言ってダメ元で大輔にあゆはメールを送りました。
童貞好きな筆おろしを趣味とする女の子との出会いが実現
返信はすぐ届いたのであゆはさらにダメ元で今から会えないかと伝えました。突然過ぎてダメだろうと思いましたが「暇だからいいよ。」と連絡。そして、私も大輔「またやらない。」とお誘いのメールを送りました。すると夜なら暇と言うので、あゆと会ってから私に会うつもりなんだと思った私。あゆと大輔の待ち合わせ場所に私もいたらどんな反応するかなと思い待ち合わせ場所にあゆから少し離れた場所にいました。そして、大輔が現れたのであゆと大輔が話しているときに私も遭遇しました。動揺する大輔。「あれ、約束は夕方だよね。もうこの場所にいるのはどうして。その女は誰。」動揺する大輔。あゆもつかさず「まさか、彼女。付き合っている人いないと言ってたよね。」板挟みになってオロオロする大輔に笑いを堪えるのが必死。しかし大輔は気持ちを切り替えて「これから3人で飲みに行こう。」と言われて驚きながら3人で飲み屋へ行きました。
フェラ募集掲示板
フェラ募集